森 小児科医院
本文へジャンプ

例年、8月から9月は気候も安定し風邪など感染症も減少します。
現在は、保育所を中心に手足口病、ヘルパンギーナが見られますがそれ程大きな流行にはなっていません。
ただ、沖縄を中心に発生していた麻疹(はしか)は収束に向かっていたのですが、関東を中心に風しんが流行しています。

何故でしょうか?実は、日本では、ワクチンで感染症を防ぐという国の意識が低く、費用を抑えようとしていたのかも知れませんが?、昔は、麻疹や風しんの予防接種が1回接種ですまされていました。諸外国では、2回接種が常識でしたが、日本では、麻しん・風しんワクチンや水痘ワクチンが2回接種に漸くなりました。
今、風しんが流行っていますが、実はかつて、男子には風しんワクチンは接種されず、女子中学生のみを対象として接種されていたのです。当時、接種されていないかその後一度だけ接種されてきた子どもさんが成人して抗体がないために感染しているのです。

現在、風しんの抗体価が低い女性やご主人に対して抗体検査やワクチン接種の費用補助が成されていますが、これも、自治体の費用負担で実施されており、国は、接種を受けましょうと宣伝しているだけです。

経済大国とはいいながら、とても先進国とは言えない状況です。

また、今回の風しんの流行が治まってもしっかりワクチン接種をしていないと、再び5〜6年で流行しますので注意が必要です。行政では、風しんワクチン接種の費用助成を行っています抗体検査を実施して陰性の方は、予防接種の対象となり補助が出ます。ご相談ください。
ワクチンの予約は、インターネットでも可能です。
従来とおり、電話での診察、ワクチン接種のご予約もできますのでお電話でご予約ください。
申し訳ありませんが、予防接種のご予約はお電話かネットでお願いします

日本脳炎ワクチンについて
  経過措置の年齢の方の接種がおこなわれていますが、接種間隔の規定が緩やかになりましたが、徐々に、経過措置の期限が来ている方も見られます。当該年齢の方に、順次問診票が送付されますが、不明の方、早く接種したい方は、問診票は、新しいものが必要となります。お手元にない場合には、長岡京市、大山崎町、向日市にありますので、新しい問診票をもってご予約ください。
接種後の事故が報告されております。予防接種ではどうしても副反応の発生は不可避ですが、ご心配な場合には、接種時にご相談ください。



お知らせ

今月の話題